サイクリング

サイクリングで観光地を巡る!関東・関西・九州などおすすめの観光スポット情報

更新日:

全国にはサイクリングで巡れる観光地がたくさんあります。

観光地を自転車で巡ることは、車や電車、バスで巡るときとは違い、さまざまな小さな発見ができ観光の充実度が高まることがメリット。

そこで今回は、おすすめドライブスポットや絶景スポット、おすすめモデルコースなど、サイクリング観光の人気スポットなどをエリア別にご紹介します。

全国の名所・絶景スポット・サイクルロード18選

それではさっそく、サイクリングでの観光におすすめのスポットを見ていきましょう。

自転車専用道やサイクリングコースに加え、自転車で楽しく観光できる旅行先も併せ、全国各地からご紹介していきます。

北海道・東北エリアでおすすめの観光スポット・サイクリングロード

まずは北海道と東北エリアでおすすめのサイクリング観光スポットです。

道路が広くて走りやすく、北海道・東北エリアらしい豊かな自然を堪能できるロードをピックアップしました。

【北海道】オホーツクサイクリングロード

北海道のサイクリングコースの中でも、特に素晴らしい絶景を臨めることが最大の魅力。

約40kmのコースで初心者の方には大変でしょうが、その分、オホーツクの風景を存分に堪能できます。

また、カーリングホールや原生花園などのスポットもあり、観光目的としても魅力的な場所です。

【青森県】十和田湖グリーンロード

全長14kmの十和田湖グリーンロードは、青森県のさまざまな自然に触れられることから、サイクリングに景観の良さを求める方から口コミで高い人気を誇ります。

青森の自然の迫力は凄まじく、都市部では得られない体験が可能。また、十和田バラ焼きなどご当地グルメが楽しめるところも魅力です。

【岩手県】一般県道北上花巻温泉自転車道線

「北上花巻温泉自転車道」とも呼ばれています。

サイクリングロードはゆるやかなカーブと適度なアップダウンで形成されており、全長約26km。

初心者でも走りやすいですが、サイクリングの楽しさも味わえる理想的なロードです。

サイクリングの後は花巻温泉で汗を流してさっぱりしましょう。

関東エリアでおすすめの観光スポット・サイクリングロード

次にご紹介するのは、日帰りサイクリングコースが豊富な関東エリアです。

東京都内だけでも、井頭公園、若洲海浜公園と多くのサイクリングスポットがありますが、東京近郊の絶景コースも併せてご紹介します。

【東京都】国営昭和記念公園

西東京でサイクリングを利用した観光をするなら、国営昭和記念公園がおすすめ。

道幅が広く綺麗に整備された国営公園なので、四季折々の花々が咲き誇る中、快適に走ることができます。

レンタサイクルも用意されているので、サイクリストではない友達も誘いやすいスポットです。

【埼玉県】国営武蔵丘陵森林公園

東京ドーム65個分という広大な敷地面積を誇る国営武蔵丘陵森林公園では、17kmの林間サイクリングが楽しめます。

園内バスも運行しているため純粋に観光のために訪れても楽しめるものの、美しい自然の中、アップダウンのあるコースを走っているだけでも爽快です。

【神奈川県】横浜山下公園

横浜屈指の観光スポットである山下公園でもレンタサイクルが利用できます。

そしてそこから、山下公園周辺の公園や観光地を巡るのがおすすめ。

見ごたえのある日本庭園が広がる三渓園、横浜中華街、港の見える丘公園、横浜マリンタワーなど、全国的に知られるスポットが目白押しです。

中部・東海でおすすめの観光スポット・サイクリングロード

続いて中部エリア、東海エリアでおすすめのスポットを見ていきましょう。

中部・東海には静かな自然や歴史的建造物を観光できる場所が揃っています。

【山梨県】山中湖畔サイクリングロード

日本を代表する景観が楽しめる高原リゾート地・山中湖畔。

14kmの適度な距離のコースからは、富士山や山中湖を一望できます。

壮大な景色が見られることは間違いありませんが、ロードの周辺には美術館や体験施設などの観光スポットもあるので、「走る」「観る」「体験する」「食べる」…など、さまざまな楽しみ方が可能です。

【岐阜県】曽根城公園

古大垣輪中堤に隣接した曽根城公園は、戦国武将の居住跡です。

芝生の広場や菖蒲園が広がる園内にはサイクリング専用道路が用意されているため歩行者と接触する不安もなく、晴天の中ゆったりと散策する観光にはピッタリ。

春は桜が満開になり、桜が散った頃には「花しょうぶ祭り」が開催されます。

【福井県】敦賀市内でレトロな街並みと海鮮を味わう旅

福井県敦賀市は街中に坂が少なく、敦賀駅では自転車の貸し出しも行っているためサイクリングに最適な街。

静かな港町ですが、建設110年を迎えた「赤レンガ倉庫」が残るなど、レトロな街並みがサイクリングでの観光で人気を集めています。

「日本海さかな街」では新鮮な魚介類を味わう楽しみも。

関西でおすすめの観光スポット・サイクリングロード

関西エリアには初心者向けのサイクリングコースが揃っており、自転車で観光したいという方におすすめの地。

走りやすい道が多く、初めての自転車旅行でも安心して走れます。

【京都府】天橋立自転車道

天橋立自転車道は京都府内随一の絶景スポット。阿蘇海に沿ったルートは、美しい緑と内海の両方を一度に味わえる贅沢さが魅力です。

日本三景のひとつに数えられている天橋立を臨めるだけでなく、天橋立内への乗り入れもできます。

【滋賀県】ぐるっとびわ湖サイクルライン

その名の通り、琵琶湖一周をぐるりと巡るコースです。

ロードはどの場所も琵琶湖に沿っているため、常に湖を眺めながらのサイクリングが可能。

サイクリングコース100選のひとつにも選ばれており、空気入れ完備、修理用工具の貸出など、サイクリングを快適にしてくれる嬉しいサービスが揃っています。

【大阪府】北河内自転車道

大阪市鶴見区にある北河内自転車道は、45.5kmと距離は長いものの、途中に駅があることから疲れてしまったときの輪行がしやすいサイクリングロード。

スタート場所である鶴見緑地や淀川河川公園、薫蓋楠、京街道の鍵屋など立ち寄りたいスポットも多く、観光目的でも手応えが感じられるはずです。

中国・四国でおすすめの観光スポット・サイクリングロード

中国・四国エリアには、長距離のサイクリングロードが豊富であることが知られています。

「サイクリストの聖地」と呼ばれるしまなみ海道はもちろん、他にも自転車で巡れる場所は数え切れません。

【広島県~愛媛県】瀬戸内しまなみ海道

「世界で最もすばらしい7大サイクリングコース」にも選ばれた、サイクリスト憧れのしまなみ。

尾道・今治間の距離は60~70kmと長いものの、ロード上にある13ヵ所のレンタサイクルターミナルではどこでも自転車の乗り捨てが可能。

上級者向けのコースもありますが、初心者でも観光がてら、走りたいところだけ走れるので挑戦しやすくなっています。

【島根県】縁結び街道サイクリングコース

日本が誇るパワースポットであり、縁結びのご利益があることでも知られる「出雲大社」を往復するサイクリングコースです。

全長約88kmとかなりの長さですが、サイクルトレインも利用できるので、自転車旅行者としての経験が乏しい方でも大丈夫。日本海の絶景も楽しめます。

【香川県】うどんMAPで市内のうどん店巡り

高松市内には多くの自転車専用道路があることから、観光には自転車移動が最適です。

そして香川県と言えばうどん。うどんMAPを片手に、自転車で市内のうどん店を巡る観光はいかがでしょうか。

消化しやすい炭水化物であるうどんは、サイクリング中の補給食としてもピッタリです。ただし、食べてすぐに走らないように気をつけましょう。

九州・沖縄エリアでおすすめの観光スポット・サイクリングロード

最後にご紹介するのは、九州エリアと沖縄でおすすめできるサイクリング観光スポットです。

本州とは少し雰囲気の違う、手つかずの自然を肌で感じられるコースをご紹介します。

【大分県】メイプル耶馬サイクリングロード

大分県中津市の「耶馬渓」を満喫できるのが、耶馬溪鉄道跡を利用したメイプル耶馬サイクリングロード。

36.5kmという程よい距離とゆるやかな勾配で、サイクリング観光初心者に最適なコースです。

耶馬渓には有形文化財や景勝地が点在しており、中津市の自然とともに歴史も感じられます。

【鹿児島県】霧島連山一周コース

九州らしさを感じさせる火山群・霧島連峰をぐるりと一周するコースです。

霧島連峰の雄大さも必見ですが、コース沿いには霧島温泉や霧島神宮、丸尾滝など見どころがたくさん。

1日だけでは周りきれないほどですが、実際にモデルコースは全長102.5kmとかなりの距離なので、宿をとって泊りがけで訪れることをおすすめします。

温泉サイクリングにも良いコースです。

【沖縄】黒島の大自然を駆け抜ける旅

「黒島」は沖縄県八重山諸島の一島です。観光客もあまり訪れない黒島は、沖縄観光の穴場スポット。

車もほとんど走っていないことから、牛の放牧を横目にのんびりとしたサイクリングを楽しめます。

レンタサイクルサービスもあるので、自転車なしでふらりと訪れてみても良いでしょう。

サイクリング観光での「こんなときどうする」?初心者の疑問に答えます

サイクリングが好きな方にとって、「サイクリング」と「観光」の組み合わせはとてもワクワクするものだと思います。

しかし同時に、自転車で旅をしたことがない方にとっては数々の疑問も湧いてくるもの。そこで、初心者のよくある質問にお答えします。

Q1:ツーリングで観光に行くときの服装は?

観光でサイクリング専用ウェアを着ていくことに抵抗がある方も少なくありません。

観光目的のツーリング旅行をするなら、ストレッチ性の高いカジュアルパンツやジーンズに、フリース、ウインドブレーカーなどを重ね着し、帽子やイヤーマフで耳を守りましょう。

もちろん着ていく洋服は季節によって変わりますが、「ストレッチ性がある」「風対策ができる」「透湿性のある素材」を基本として選んでください。

Q2:どうやって現地まで自転車を持っていくの?

遠方のサイクリング観光に挑戦するなら、現地までの自転車輸送手段を知っておかなければなりません。

クロスバイクやロードバイクを持ち運ぶなら、「輪行(りんこう)」についての知識を持っておきましょう。

自転車を持っていくなら「輪行」

「輪行」とは、公共交通機関に自転車を持ち込んで運ぶことです。

電車やバスにスポーツ自転車をそのまま持ち込むことはできないため、「輪行袋」というバッグに入れて、手荷物として持ち込みます。

ただし、輪行袋に自転車を入れるためには、タイヤを外して、長辺を200cm以内、3辺の合計を250cm以内にすることが必要。

もちろん、バイクについているアクセサリーを外したり、スプロケットカバーをつけたりする必要もあるため、輪行を実践する前に予行練習ををおすすめします。

「レンタサイクル」を利用すれば便利

輪行をするなら持ち込み自転車でサイクリング観光が行えますが、現地に到着したら組み立てなければならず、初心者の方にとっては大変な作業です。

そこで便利なサービスが「レンタサイクル」。現地で自転車を借りられれば、輪行のための手間も必要なく、身軽に移動できます。

サイクリングロードでは多くの場合、周辺にレンタサイクルのターミナルや店舗があります。

ご自身の自転車で走ることへのこだわりがなければ、貸出自転車を利用してみましょう。

Q3:走行ペースはどのくらいにするべき?

一般的なサイクリングのペースは、時速20kmとされています。

しかし、観光を伴うのであれば時速10~15km程度で考えるべきです。

1日に走行できる距離は、60~80kmと考えておけば大きなトラブルが発生する心配はないと考えられます。

もちろん、1日中自転車を運転するのであれば、糖質を多く含む補給食と飲み物を用意しておくことも欠かせません。

いつもの街を飛び出そう!サイクリングで全国の絶景ロード観光を楽しんで

観光が楽しめるサイクリングコースは全国各地に多く存在しています。

もちろん、自転車で走りやすい街であれば、コースが用意されていなくてもサイクリングで観光を楽しむことは可能。

今回の記事では走りやすいロードを中心にご紹介しているので、ぜひこの機会に旅に出てみてはいかがでしょうか。

全国サイクリングロードランキング・旅行先ランキングなどの情報も確認し、マップで周辺スポットをチェックしたら、見知らぬ土地でのサイクリングと観光を楽しみましょう。

-サイクリング

Copyright© SOLORE[ソロレ] , 2020 All Rights Reserved.