サイクリング

サイクリングにジーンズってどう?ヘビーに使い回せる街乗りカジュアルファッション

更新日:

自転車用のウェアを持っていない初心者の方であれば、「ジーンズでサイクリングはできないかな?」と考えるのではないでしょうか。

街の風景にも溶け込みやすいジーンズはスポーツに不向きと言われていますが、意外とサイクリングとの相性は抜群です。

しかし、ジーンズならどれでも良いわけではありません。

そこで、サイクリングのためのジーンズ選びのポイントや、おすすめの製品をご紹介します。

サイクリングにジーンズが「イイ!」と言われる理由とは?

サイクリングウェアとして定番のボトムと言えば体にフィットした「レーパン」。

しかし、ジーンズでサイクリングを楽しむサイクリストも少なくありません。

サイクリングにジーンズがおすすめされるのには、次のような理由があります。

街乗りカジュアルファッションとして最適

タウンユースとして高い人気を誇るジーンズは、街乗りやポタリングを中心にサイクリングを楽しむ方に最適です。

カジュアルなジーンズは、半袖ジャージなどと組み合わせれば街中で浮いてしまうことがありません。

偶然見つけたお店にもそのままの姿で入ることができることから、ツーリングやロングライドではない、ライトなサイクリングスタイルを楽しむ方から「おしゃれなサイクリングウェア」として人気です。

フィット感がなく女性でも履きやすい

体のラインがそのまま現れるサイクリングパンツは、女性にとって少々抵抗があるもの。

その点ジーンズであれば、適度なゆとりがあることから女性でも履きやすく、「恥ずかしさがない」というメリットがあります。

ジーンズは、サイクリングに興味があるものの、ウェアに抵抗があるという女性におすすめのファッションです。

耐久性に優れている

もともと労働用として作られたジーンズは、耐久性に優れるという特徴を持ちます。

日常的に履いている人ならわかるでしょうが、ジーンズは転倒したり、何かに擦れても簡単には破れません。

ジーンズの持つ耐久性の高さは、下半身の動きが大きいサイクリングというスポーツに適していると言えます。

サイクリング用のジーンズを選ぶ5つのポイント

「サイクリングにはジーンズがおすすめ」とは言え、ジーンズを選ぶ際には、サイクリングに適した製品を選ばなければなりません。

ジーンズでサイクリングを楽しみたいなら、次の5つのポイントを満たしたジーンズを選んでください。

伸縮性の高いストレッチデニム素材

サイクリングは下半身の動きが激しいスポーツであることから、伸縮性の高いストレッチ素材で作られたジーンズがおすすめ。

伸縮性のないデニム生地は足を動かしにくく、サイクリング時の疲労が倍増してしまいます。

実際に購入するときは店頭で伸縮性の有無を確認し、よりストレッチ性の高い製品を選ぶことが重要です。

縫い目が当たらないもの

普通のジーンズをサイクリングに使用すると、太ももや股に縫い目が当たって痛みを感じることがあります。

ジーンズの縫い目はゴツゴツしていて硬いので、肌に当たると皮膚が剥け、怪我をしてしまいかねません。

サイクリング用のジーンズを選ぶ際には、縫い目が肌に当たらないよう工夫されていることを確認してから購入しましょう。

サイズ感を確認

ストレッチ性があり、縫い目が肌に当たらないジーンズを見つけたら、必ず試着をしてサイズを確認してから購入するようにしてください。

足にピタッとフィットするスキニータイプではなく、適度なゆとりがあるタイプがおすすめ。

ストレッチ性があったとしても、あまりにフィットしたジーンズでは自転車を漕ぎにくくなってしまいます。

股上が深く前傾姿勢が取りやすい

ジーンズ選びの意外な盲点となることが「股上の深さ」です。

最近は股上の浅いジーンズが流行っていますが、股上の浅いジーンズを履いてスポーツバイクに乗ると、前傾姿勢になることから腰が空いてしまいます。

走行しているうちに腰が冷えたり、下着が見えてしまう恐れもあるため、ある程度股上が深いジーンズを選ぶようにしたいものです。

自転車ウェアとして必要な機能性がある

最後に、自転車用のウェアとして必要な機能性を備えているか確認していきます。

ジーンズはサイクリングパンツほど機能的ではありませんが、ストレッチ性があることはもちろん、お尻から股にかけて生地が継ぎ足されていたり、膝を曲げやすいように工夫されていたり、生地自体が柔らかかったりと、「自転車が漕ぎやすい」と推測される作りになっているものもあります。

気になるジーンズを見つけたら、自転車を漕ぐことを想定して機能性を確認しましょう。

サイクリングに使える!クロスバイク&ロードバイクに似合うジーンズ6選

バイク乗りにおすすめのサイクリングに似合うジーンズを6製品ご紹介します。

中には既に販売終了しているものもありますが、ジーンズなら古着で見つけることも難しくありません。

【DEEPER’S WEAR】HIGHKICK ジーンズ

「HIGHKICK ジーンズ」の最大の魅力は、購入時点ですでに生地がとても柔らかいこと。

伸縮性も高く、スポーツバイクを漕いだときの違和感がほぼありません。ボタンが前に2つついていることから、前傾姿勢時に調整可能で苦しさも感じられない優秀な一品。

外観もおしゃれなので、ジーンズを履いておしゃれに街乗りしたいという方に最適です。

【Levi's】COMMUTER 511

Levi'sのCOMMUTERは、もともとサイクリスト向けジーンズとして誕生したモデル。

高いストレッチ性により下半身の動きが妨げられることなく、裾を折り返した部分に反射材使用、U字ロック用ホルダー付属など、サイクリストのニーズに応える機能性の高さが魅力となります。

股上も深めに作られていることから、腰が見えてしまう心配もありません。

【エドウィン】ジャージーズ スリムテーパード

エドウィンのサイクルデニムとして高い人気を誇るのが「ジャージーズ スリムテーパード」。

ジーンズなのにジャージのような履き心地で、優れたストレッチ性が最大の特徴です。

分厚く丈夫な生地を使用しているにも関わらず、軽量で伸長率・回復力が高いことから、サイクルジャージとして絶大な人気を集めています。

【カペルミュール】クロップドパンツ ハイテンションストレッチデニム

サイクルウェアを販売しているカペルミュールからは、「ハイテンションストレッチデニム」というサイクリング専用のジーンズが販売されています。

日本におけるデニムの聖地と言われる岡山県で作られた生地を使用し、スリムなデザイン・こなれ感・動きやすさをすべて実現。

ストレッチ性があるだけでなく、ペダリングのしやすさを考えた立体裁断が施されていたり、擦れる部分の生地が二重になっていたりと、さまざまな配慮が見られます。

【テラソン】スリムテーパードリジット

テラソンの「スリムテーパードリジット」は生地が少し固めですが、股上が深めのテーパードスタイルでサイクリングに適しています。

全行程をアメリカ国内で行ったという本格派のジーンズで、デニムにこだわりがあり、サイクリング向けの本格はジーンズを探しているという方におすすめです。

【Muxu】スリムフィットジーンズ

バルセロナ発のジーンズブランドであるMuxu。数ある製品の中でも「スリムフィットジーンズ」は股部分に縫い目がなく、肌が傷ついてしまう心配がありません。

また、裾の裏には反射素材が使われていて、裾を折ることで夜間のサイクリングも安全に行えます。

サイクリストにとって嬉しい機能が満載で、フィット感のある見た目もおしゃれな印象です。

ユニクロでもOK?サイクルパンツにおすすめ3選

サイクリングにおすすめのジーンズを各ブランドごとにご紹介しました。

でも実はリーズナブルさが魅力のユニクロからも、サイクルパンツにおすすめの製品が販売されています。

ドライEXショートパンツ

速乾性の高さが特徴の「ドライEXシリーズ」のハーフパンツ。

通気性と速乾性の高さから、もともとスポーツ用として使っている人も多く、もちろんサイクリングにも応用することが可能。

ウエストはゴム仕様となっており、前傾姿勢でお腹に苦しさを感じないところもメリットです。

アンクルパンツ

ユニクロのアンクルパンツには2WAYのストレッチ素材が使われており、ペダリングがしやすいところがおすすめポイント。

アンクルであることから、ペダルに擦れて生地が破れてしまうこともありません。

さまざまなタイプが販売されていますが、「暖パン」には防風性も備わっています。

感動パンツ

スポーツウェアのような機能性を持つ「感動パンツ」。

超軽量・超伸縮・超速乾とサイクリングパンツに欠かせない3つの要素が揃っており、長時間に渡るサイクリングで使用しても問題ない性能です。

ビジネスシーンでも違和感がないズボンなので、自転車通勤の方にもおすすめします。

岡山デニムを使った自転車専用パンツ「ローディーデニム」とは?

最近サイクリストの間で注目を集めたのが「ローディーデニム」という製品です。

ローディーデニムは岡山デニムを使用した自転車用のジーンズで、クラウドファンディング投稿により実現しました。

スーパーストレッチデニムで膝を動かしやすく、ウエスト部分には調整自由なベルトを装備。

さらに、自転車用シャツに付属するポケットにも負けない大きなカーゴポケットは、ペットボトルをしまうこともできる大容量。

前下がりになっていることから、走行中に装備品を落としてしまう心配もありません。

クラウドファンディングでの支援購入で手に入るジーンズだったため、今ではもう購入することはできませんが、体験レポを見るとかなり優れた製品のよう。

どうしても気になるという方は古着で探してみてはいかがでしょうか。

ジーンズでサイクリングするときの注意点

ご紹介してきたように、デニムはサイクリングに適した生地ですが、やはり注意点も存在します。

ジーンズでサイクリングをしたいと考えているなら、次の3つのポイントに注意してください。

自動車からの視認性が悪いため事故に注意

デニム生地は濃いネイビーやブラックであることから、自動車運転手からの視認性がよくありません。

カラフルなカラーのレーサーパンツであれば一見して「サイクリストがいる」ことがわかりますが、ジーンズでは発見されるのが遅れ、事故に巻き込まれてしまう可能性も。

反射材を活用する、視認性の高いトップスを着るなどの工夫が必要です。

ジーンズで自転車に乗ると色落ち・破れは必至

ジーンズで自転車に乗っていると、色落ちや破れは必ず起きてきます。

特にサドルに当たる部分はダメージが激しく、「気づかないうちにお尻が破れていた…」ということにもなりかねません。

色が落ちたり、破れたりすることは仕方がないことだと認識して、定期的に損傷具合を確認し、買い替えるようにしましょう。

通気性・速乾性は期待できない

デニム生地には耐久性や防寒性がありますが、通気性・速乾性は期待できないことを覚えておきましょう。

そのため、春秋には適しますが、真夏のサイクリングには向いていません。コットン素材は乾きにくく、汗や雨などの水分を吸収すると体の冷えや不快感の原因になります。

水分を吸ったデニムパンツは思いの外重いため、雨天時のサイクリングでは避けたほうが無難です。

オシャレなファッションアイテム「ジーンズ」でサイクリングを楽しもう

「おしゃれな服装で街乗りを楽しみたい」という方は、サイクリングに適したジーンズを1本、手に入れてみてはいかがでしょうか。

ジャケットスタイルにも似合うファッション性の高さと耐久性を備え、ストレッチデニム素材を使用したものならペダリングも思いのまま。

自転車用パンツと比べると動きにくいと感じられるでしょうが、電動アシスト自転車に乗るなら全く問題ありません。

休日にふらりと自転車に乗って出かける…ジーンズはそんなサイクリング用途にピッタリです。

スワーブなど、その他にも自転車向けのデニムは多数販売されているので、ぜひお気に入りの1本を見つけてください。

-サイクリング

Copyright© SOLORE[ソロレ] , 2020 All Rights Reserved.