サイクリング

サイクリングジャージってどう?初心者でも快適なウェアを着る理由と選び方

更新日:

街乗り程度なら一般的なスポーツウェアで構いませんが、本格的にサイクリングをするならサイクルジャージを用意しましょう。

サイクルウェアには、空気抵抗が少なくなる、背中にポケットがついているなど、サイクリングに便利な機能が盛りだくさん。自転車ウエアを用意すると、走りがもっと楽しくなります。

そこで、初心者がサイクルウェア選びをするときのコツや、おすすめのサイクルウエアなどを一挙にご紹介していきます。

サイクリングジャージの特徴とは?

まず「自転車用のジャージ」と「普通のジャージ」の違いについてお話していきます。

サイクリング用に作られたジャージには、サイクリング中に「あってほしい」と思える機能が満載です。

カラフルで車からの視認性が良い

サイクルウェアの大きな特徴であるカラフルなデザインと派手なカラーは、自動車運転手からの視認性の良さを重視した結果です。

オールブラックの服装では、自動車運転手から見たときに目立たず、サイクリング中の事故を招きかねません。

そのため、サイクリング用のジャージはカラフルで、目立ちやすいカラーになっています。

背中に大きなポケットがついている

背中に大きなポケットがついていることも、サイクリングジャージの特徴のひとつです。

スポーツバイクには多くの荷物を乗せられないことから、使用頻度の高い荷物を手軽に携行でき、すぐに取り出せるようにとポケットが工夫されています。

ポケットは深さも十分に取られ、走行中に落ちないようになっていることから、財布や携帯電話などの貴重品を入れておくために最適です。

背面が長めになっている

バイク走行中は前傾姿勢が基本であり、普通のジャージでは腰部分が見えてしまうことも少なくありません。

その点サイクルジャージは、背面が意図的に長めに作られており、背中や腰が見えてしまう心配は不要。

サイクリング用ジャージと普通のジャージは似ているように感じますが、ウェアとしての作り自体が異なっています。

フィット感があり空気抵抗が少ない

自転車走行中の空気抵抗をなくすため、普通のジャージよりフィット感を重視していることもサイクリングジャージの大きな特徴です。

ゆったりとしたウエアは空気抵抗により生地がバタついたり、体の動きを邪魔してしまったりすることから走行中の疲労が大きくなりがち。

肌に張り付くようなタイトなサイクリングウェアは、走行中の疲労軽減効果も兼ね備えています。

吸汗速乾性・通気性・防風性・軽量性に優れている

サイクリング用のジャージは、スポーツウェアとして欠かせない機能性の高さも普通のジャージより上です。

吸汗速乾性と通気性により、汗を素早く吸収しつつ内部の水分を外部へと逃し、防風性により向かってくる風から身を守ってくれます。

さらに軽量であることから、体に余分な負担をかけることもありません。

どう選ぶ?クロスバイク初心者向け・選び方4つのコツ

普通のジャージと比較して機能性に優れるサイクリングジャージ。

それでは、初心者の方が初めてサイクリング用のジャージを選ぶなら、一体どのように選ぶべきなのでしょうか。基本的な選び方のコツを4つ解説します。

素材は季節ごとに選ぶ

サイクリングジャージは季節ごとに適したものを用意しなければなりません。

そこで、素材の特徴を把握し、季節ごとに適切な素材を選ぶことが大切です。上下セットであれば同じ素材が使われていると考えられ、楽に選べます。

春夏用ならポリエステル素材がおすすめ

春用・夏用のウェアを選ぶなら、ポリエステル素材で作られた製品がおすすめです。

ポリエステルは吸汗・速乾性に優れていることから、走行中の汗を上手に逃してくれ、春夏の走行でも不快感を抱く心配がありません。

秋冬用なら裏起毛のウェアを選ぼう

秋用・冬用として選ぶなら、保温性の高い裏起毛のウェアを選びましょう。

体温を逃しにくい工夫が施されているもの、蓄熱素材が使われているものもおすすめです。重ね着をすることも考慮しつつ選ぶようにしてください。

UVカットや吸汗性などの機能性がある

ポイント1の素材にも関わることですが、サイクリング用ジャージとしての機能性を兼ね備えていることもしっかりと確認しておきましょう。

吸汗性・通気性・防風性など最初に解説した機能性はもちろんのこと、UVのカット加工が施されているウェアであれば更に理想的です。

試着をしてフィット感と着心地を確認する

タイトに作られているサイクル用ジャージでは、普通のジャージよりも試着の重要性が高まります。

空気抵抗を少なくするためには体にフィットすることが大切ですが、サイクリングの目的や着心地も考慮しながらサイズ感を確認してください。

普段使いしたいならゆったりめのカジュアルなもの

シティサイクルでの街乗りやポタリングが中心であれば、ピタッとフィットしたサイクリングウェアは着にくいと感じられるはず。

ライトなサイクリングをメインとし、サイクルジャージを普段使いしたいと考えているなら、比較的ゆったりめでカジュアルなデザインのものを選びましょう。

普段遣いできるものであれば活躍の場が増えること間違いなしです。

サイクルスポーツの快適性を重視するならタイトなもの

レース用・競技用としてのウェア購入を考えている、走行の快適性を重視したい、スピードを出したい…という方なら、体にフィットするタイトなサイズのものがおすすめ。

肌に密着するウェアほど空気抵抗は少なくなり、走行の快適性・疲労軽減・スピードに大きく貢献してくれます。

ただしあまりに小サイズサイクルウェアを選ぶと、走っているうちにお腹や背中が見えてくることも考えられるため、試着をして、適度なフィット感であることを確認してください。

実物を見てから購入を決める

初めてサイクリング用ジャージを購入する方は、必ず実物を見てから購入するようにしましょう。

実物を見てまず確認したいことは「生地」です。

着心地が良く、耐久性に富んでいるしっかりとした生地であることが求められます。

価格の安さにとらわれることなく、実際の生地の風合いを確認して、納得できるものを購入することが重要です。

季節ごとにピックアップ!初心者におすすめのサイクリング用ジャージ

サイクリング用ジャージの選び方がわからない初心者の方のために、自信を持っておすすめできるサイクルジャージをメンズ・レディースとそれぞれご紹介します。

季節ごとにピックアップしているので、参考としてわかりやすいはずです。

【春・夏】吸汗速乾素材使用ですぐ乾く!おすすめの半袖サイクリング用ジャージ

まず、春・夏のサイクリングにおすすめのサイクリング用ジャージを見ていきましょう。

サイクルウェアには年間を通して吸汗速乾性が必要となりますが、春・夏は特に「汗が乾きやすいこと」を重視して選ぶようにしてください。

【メンズ】パールイズミ イグナイト ジャージ

ストレッチ性のあるメッシュ素材を採用し、吸汗速乾・通気の機能に優れていることが特徴の夏用ウェアです。

袖丈は長めに作られていますが、レースフィットモデルで動きやすさは抜群。

シンプルなデザインで夏用サイクルパンツと合わせやすく、ずり上がり防止仕様・反射材使用など、随所にサイクリストのかゆいところに手が届く工夫が施されています。

【レディース】ZEROBIKE レディース サイクリングジャージ半袖

脇部分にメッシュ素材を採用していることから通気性が良く、夏場の不快な蒸れを軽減してくれます。

CoolMaxLycraファブリックという素材を使用していることから、体へのフィット感も高く、本格的なサイクリングを目的とする方にもおすすめのウェアです。バックポケットは3つ搭載されています。

【秋・冬】通気性&保温性を備えたおすすめの長袖サイクリング用ジャージ

秋・冬の気温が下がる時期でも快適にサイクリングをするなら、保温性により防寒用として機能しつつ、通気性も両立させたサイクルジャージが欠かせません。

秋冬用のウェアに悩んだら、ご紹介する次のモデルはいかがでしょうか。

【メンズ】シマノ ウインドブレーク ジャケット

起毛加工になっている内側で保温性を、3層構造の生地で防風性を実現させているシマノのサイクルジャージです。

ロード走行中の暖かさを保持しつつ、撥水仕上げで体温の低下を予防。さらにヒートベンチレーションを搭載していることから内部の熱を効率的に逃してくれる優秀なサイクリング用ジャージです。

【レディース】カペルミュール レディース長袖サイクルジャージ

吸汗性と速乾性に優れたポリエステル100%の素材を使用し、UVカット加工にも対応。

冬場はアウターが必要ですが、春から秋までオールシーズンに活躍してくれるサイクルジャージです。

デザインも女性用を意識した可愛らしいものが揃っていて、ウェアをカジュアルに着こなしたいという方におすすめします。

おしゃれ&フィット感にこだわるなら「オーダー」や「古着」もあり

ここまでは現行で販売されている既製品のサイクリングジャージをご紹介してきましたが、おしゃれさやフィット感にこだわるなら、「オーダー」や「古着」という選択肢もあります。

固定的なジャージをお求めの方は、ぜひオーダーや古着を活用してみてください。

オーダーなら好みのサイクリング用ジャージが作れる

オーダーメイドのサイクルジャージなら、好みのデザインも思うがままです。

自分でデザインを考える手間は必要ですが、その分、お気に入りの1枚になることは間違いありません。

サイクルチームのユニフォームにすれば結束力が高まる

サイクルジャージのオーダーは、サイクルチームで共通のウェアを作りたいというときに活躍してくれます。

共通のサイクルジャージとパンツをユニフォームにすれば、チームの結束力は俄然高まるもの。

上下のセットでデザインや着心地も好きなように選べますし、チーム名やロゴを入れることも可能です。

サイクルジャージオーダーは1枚からでも可能

サイクルジャージのオーダーは、サイクルチームのためだけのものではありません。

店舗によっては1枚からでもオーダー可能となっており、自分1人のためだけにオーダーメイドのウェアを作ることも可能です。

デザインや素材だけでなく、サイクルパンツ用のパッドも選べるため、こだわりがあるならオーダーメイドを利用し、100%満足できるサイクリングジャージを作りましょう。

安価で「こなれ感」が出せる古着のサイクリング用ジャージ

「こなれ感」のあるサイクリング用ジャージを探しているなら、古着のウェアを探してみてはいかがでしょうか。

流通量が少ない古着は、オリジナリティを狙える上に、安い価格で手に入るところが魅力です。

ブランドもののサイクリングジャージが安く手に入る

「中古品」である古着のサイクリングジャージは、多くの場合で新品で販売されているときよりも安く販売されています。

サイクリングメーカーの高品質な商品を、もっと安価に手に入れたいと考えているなら、現行の新品を探すよりも、古着から探してみることをおすすめします。

海外ブランドの古着なら一点ものも狙える

海外ブランドの古着は国内での流通数が少ないですが、その分、「一点もの」が手に入る可能性もあります。

個性的で、他の誰もが着ていないサイクルジャージが欲しいなら、海外ブランドのレアな古着を狙うことがおすすめ。

何回か使用されてことにより「こなれ感」も出ていて、おしゃれさが際立つことでしょう。

お気に入りのかっこいいサイクルジャージを見つけよう

サイクリング用ジャージの選び方やおすすめの製品をご紹介してきましたが、最近ではサイクルジャージもさまざまなデザインのものが販売されています。

おしゃれさにとことんこだわったものやアニメのイラストがついたもの、日常着として活用できるものなどさまざまです。

これから購入したいと考えているなら、今回ご紹介した内容を参考にしながら、サイクルパンツやサイクルグローブ、ロードバイクとの相性も考えて、自分好みの自転車ウェアを手に入れてください。

お気に入りのウェアが見つかれば、今までよりもっとサイクリングが楽しみになるはずです。

-サイクリング

Copyright© SOLORE[ソロレ] , 2020 All Rights Reserved.