登山・山歩き

【登山用アンダーウェア】安いだけじゃダメ?汗かきでも安心できる選び方

更新日:

登山から離れて日常生活を送る際、肌着といえば真っ先にコットン素材のものが思い浮かびますよね。

肌触りが良く吸水性が高い、という理由から幼少期より馴染みがあります。おそらく一般的には誰もがこのように考えるでしょう。

しかし、登山着としての肌着となると全く話が変わってきます。登山の世界において肌着は「アンダーウェア」と位置づけられ、さらにコットンは登山に不向きだとされています。

初めて聞くとちょっと面食らってしまいますが、それでもその理由や用途を理解すれば納得できるはずです。

今回はそんな登山用アンダーウェアについてご紹介します。

アンダーウェアの必要性

アンダーウェアは登山の最重要アイテムともいうべき必需品です。

肌に直接触れるウェアのため、常にドライで快適な状態を保つ必要があります。汗をよく吸う一方、素早く水分を逃がしてドライな状態を保つのです。

つまり「吸汗速乾性」が必要というわけですね。

冒頭でコットンを引き合いに出しましたが、なぜコットンではダメなのか。その理由は速乾性がないためです。

吸水性には優れていても、速乾性に難があるという点がアンダーウェアに不向きなのです。

汗がアンダーウェアに染み付いたままではやがて体温を奪ってしまいます。

たとえどんなに優れたアウターを着ていても、アンダーウェアがこの状態ではまるで無意味になってしまうのです。つまり、アンダーウェアの吸汗速乾性はそれだけ大事だといえるでしょう。

吸湿性のウール、速乾性の化繊

アンダーウェアの素材は主にウールと化繊の2種類に分類されます。それぞれの特徴を押さえましょう。

まずウールですが、ウールの大きな特徴は吸湿性です。人の体は汗だけでなく常に微量の水蒸気を発しています。ウールはこれを素早く吸収し、かつ外に放出する機能に優れているのです。

大量の水分にはやや弱いものの少量であれば問題なく対応できるほか、多少濡れてしまっても生地が冷えにくい点もメリットといえるでしょう。

消臭性や保温性も高く、身に着けた時の滑らかな肌触りも魅力です。

次に化繊ですが、こちらは吸汗速乾性の高さが特徴です。化繊の主な繊維であるポリエステルは吸水性と速乾性に優れるほか、摩耗にも強いためタフに使い回せて気軽に洗濯できる点がメリットです。

質の良いものだと消臭機能やUVカットの効果が付いており、それでもウールと比べると価格相場が安い点も化繊の魅力の一つといえるでしょう。

ドライレイヤーで登山ウェア上級者に


アンダーウェアの必要性と2種類の素材について説明したところで、併せてドライレイヤーにも触れておきます。

「ドライレイヤー」とは、アンダーウェアの下に着る薄手のアンダーウェアのことです。つまり従来の発想とは異なり、ウールや化繊でなくドライレイヤーを肌着として着用するというアプローチです。

ドライレイヤーの生地には撥水加工が施されていたり、水を含まない素材があしらわれています。これによって体から発せられた汗や水分を上の層のアンダーウェアに逃し、肌をドライに保つという仕組みです。

よって、アンダーウェアの役割が1つ減ることになります。汗によって濡れたアンダーウェアが肌に張り付く現象を防ぎ、不快感や汗冷えによって体温が奪われる問題も軽減されるでしょう。

ドライレイヤーを最大限に活用するには、吸水性の高い化繊のアンダーウェアとの重ね着がベストです。

またTシャツタイプだけでなく、タイツや下着、靴下など部位ごとの展開もあるのでチェックしてみましょう。

ドライレイヤーをうまく使いこなせば、登山ウェア上級者への道がグッと近づいてくるはずです。

まとめ

ここまで、主にアンダーウェアは吸汗速乾性が大事であるということと、主な素材としてウールと化繊の2種類があることをお伝えしてきました。

ウールと化繊、それぞれの特徴をよく理解し、気候やシーズンに応じて最適なものを選択しましょう。

また利用者自身の体質や特徴も大事な要素です。汗を沢山かいたり、運動量が多かったりといった個性を把握しておく必要があります。

その上で役立つのがドライレイヤーです。ドライレイヤーは単独で運用するものではなく、アンダーウェアと組み合わせてこそ真価を発揮します。

何事も基本が肝心で、アンダーウェアの必要性と活用法を把握できれば登山が一気に快適になるはずです。

-登山・山歩き
-

Copyright© SOLORE[ソロレ] , 2020 All Rights Reserved.