登山・山歩き

登山用アウターシェルの種類って?街着もできる選び方の基礎知識

更新日:

先の記事で登山用スカートに言及した通り、昨今では機能面だけでなくファッション性をも備えたハイブリッドな登山ウェアが続々誕生しています。

「登山ウェアはカッコ悪い、ダサい」という認識はもう古いのです。

これを踏まえ、今回は登山ウェアの中からアウターシェルをご紹介します。

「アウターシェル」と一括りにすれば単純に聞こえますが、内実は細分化が非常に進んでおり、目的と用途に合わせて様々なモデルを選ぶことができます。中には登山以外の用途に堪えうるものまであるのです。

そこで、アウターシェルの中でも代表的なものをいくつかご紹介します。

軽くて携帯性抜群、ウインドシェル

その名の通り防風がメイン用途のウインドシェルですが、とにかく生地が薄い割に強度が高いため、コンパクトに収納するのも簡単で携帯性抜群です。

なんと握りこぶし大くらいのサイズにまで畳んでもOKです。また薄手なので熱がこもりにくく、多少の雨にも耐えられます。

夏の早朝や晩秋にちょっと肌寒い時に羽織るのにも適していますし、雨がちょっとパラついているくらいの時は、わざわざ厚手の雨具を引っ張り出すよりも手軽に扱えるこちらの方が便利といえるでしょう。

透湿性に優れるソフトシェル

ソフトシェルは人気上昇中のアイテムです。名の通り柔らかい素材でストレッチ性に優れており、激しい動きにも耐えることができます。

それだけでなく、非常に透湿性が高いため体の蒸気を逃がせる点が大きな特徴です。つまり体温が上昇しても、不必要な汗を抑えられるので水分が衣服に付く割合が少なくなります。

防風や撥水の機能もある程度備えているため、歩くと汗の出るような山歩きには非常に重宝します。幅広い用途で気軽に扱える点が特徴といえるでしょう。

保温性に特化したミドルレイヤー

ミドルレイヤーとはいわゆる「中間保温着」に相当するアイテムです。アウターとアンダーウェアの間に空気を溜める中間層を作るのでこのような名称がついています。この中間層に体温を逃さず溜めるのが主な用途です。

発汗したままの状態で風を受けるとあっという間に体温を奪われてしまいます。となると、アウターとアンダーウェアの組み合わせだけでは心許ないですね。

そこで登場するのがミドルレイヤーというわけです。薄手の羽織りやすいものであれば着脱が容易で、重ね着するのも楽です。

ミドルレイヤーの素材は主にダウンと化繊綿に分けられます。ダウンは保温性に強く、化繊綿は濡れに強いという特徴があります。

最近では両者を配合したハイブリッドダウンジャケットも開発されており、技術革新が進んでいる分野です。

一般的なフリースも効果は高いのですが、素材の特性上かさばってしまうため収納に不向きです。

しかし安価で入手できる割に性能は良いため、初心者のうちはしばらくフリースを使い続けるという選択肢もあってよいでしょう。

まとめ


備えあれば憂い無し。アウターシェルは手軽に備えられる便利アイテムの代表格といえるでしょう。

かつて、アウターシェルといえば主に夏山登山に着るもので雨具と兼用の外着、といった位置づけのものでした。軽量で防水性・防風性に優れるという点で当時より重宝されていました。

しかし現在はいっそう進化が進んでおり、夏期に限らずあらゆる時期と場面で投入される万能アイテムのポジションを確立しています。

特に最近ではファッション性、デザイン性の進歩も目覚ましく、登山以外の場面でもアウターシェルを着用している人を見かけるようになりました。

汎用のスポーツウェアとしても人気ですし、それだけでなく普段着として着用する人も増えています。

動きやすくて防風・防水性・保温性が高いという点はもちろん、スタイリッシュな上着としての用途から「アウトドア・スポーツ寄りのアウター」という服装コーディネイトの1つにまでなったのです。

是非アウターシェルを使いこなし、山に限らず日常生活にも活用していきましょう。

-登山・山歩き
-

Copyright© SOLORE[ソロレ] , 2020 All Rights Reserved.