登山・山歩き

登山に必要な道具ってなに?初心者が快適に過ごすための装備と選び方

更新日:

今回は登山道具に焦点を当ててみます。登山ウェアや登山靴と異なり、生命や体調維持を主目的とするものではないので優先順位そのものは若干下がります。

しかし登山の満足度を100%以上に引き上げようとするのであれば、是非とも手にとっていただきたいものばかりです。

特にある程度登山の経験を積んだ中上級者ともなれば、単なるレジャーやスポーツの域を超えて一種の贅沢行為として登山を楽しんでいるはずです。

そして言わずもがな、そのような人たちは自然と登山道具の収集やケアなどの管理にも情熱を注いでいます。

これを踏まえ、より快適で楽しい登山にするためのアイテムを一部ご紹介し、最後に道具選別のポイントをお伝えします。

登山用ザックを例にとってみよう

登山用ザックの要諦は「荷物入れ」です。とはいえ荷物入れの機能そのものは、他のものでいくらでも代用できますよね。

街歩き用のデイパックや遠足用のリュックサック、極端な話だと大風呂敷でもよいということになります。風呂敷では両手が使えないというなら、首元で結んで背中に提げればよいわけです。

そこで登山用ザックの存在価値を示すに当たって、造りや性質、仕様がポイントになってきます。

登山用ザックはある程度重いものを詰め、長時間背負って歩くことを想定しています。

つまり製作の思想として、単に丈夫だとか荷物が沢山入ればよいというだけではなく、ずっと背負っていても疲れない感触や量感を重視しているのです。

また、使用の過程で岩や藪などに触れて擦れたり生地が減ったりする可能性を想定し、長期間の使用に耐えうる素材を採用しています。

このように登山ウェアや登山靴と同様に、登山用ザックは非常に意識の高い思想に基づいて製作されているのです。

あると便利な補助道具

雨具や地図、コンパスといったポピュラーなアイテムであれば直感的に持っていた方が良いと判断し、ザックに忍ばせる人も多いでしょう。

しかし必須ではない、いわゆる補助道具に分類される緊急性の低いものでも意外な時に役立つ場合があります。

特にツェルトヘッドライト、常備薬や携帯食はもしもの時に大いに役立ちます。

転ばぬ先の杖とはよくいったもので、思わぬアクシデントやピンチに見舞われた時には特に「持ってきて良かった!」と実感できることでしょう。

登山に限らず、不安要素をできる限り減らすのが旅のコツです。同様に、リスクを管理できてこそ憂いなく快適な登山ができるというものです。

必要に応じて道具を揃えていこう

登山道具は多種多様で、値段もピンからキリまであります。さすがに店頭の道具全てを買い占めるわけにはいきません。

そこで登山の目的、難易度、経路や環境に応じて必要な道具を都度買い足していくようにするのがオススメです。

「中級者になったからには、ツェルトくらい要るよな」「今回は山頂でコンロを使って湯を沸かし、カップラーメンを食うぞ!」といったように、ある種のゲームのような感覚で自分のレベルに応じた選択をしていけば楽しみも広がるでしょう。

まとめ

大前提として、登山道具は全て自分で背負って歩くことになります。

道具が多いほど安心感はありますが、今度は重量オーバーのおそれがあり、現地での行動や機動性に影響が生じます。

つまり登山の目的や内容に応じて、何を持っていき、何を諦めるかという取捨選択の必要があるのです。

その意味でも、登山に向けての道具選びは非常に知的で戦略的な作業なのです。

例えるならばスポーツの試合に臨む際に自分が監督を務め、スターティングメンバーを選抜する感覚に近いでしょう。

しかもベンチに座る控えの選手は用意できないという条件付きなので、この上なくスリリングです。

まさに手腕とセンスが問われる瞬間であり、もはやこのプロセス自体が登山の楽しみの1つといえるでしょう。

何人かでチームを組んで登山する場合は道具や荷物を分担することもできますが、しかしせっかくの貴重な機会です。

大いに悩み、自分自身で取捨選択の結果を享受しましょう。仮に多少の失敗があったとしても、その経験はきっと今後の糧となるはずです。

-登山・山歩き
-

Copyright© SOLORE[ソロレ] , 2020 All Rights Reserved.