アイテム

ブレンダーボトルのおすすめは?最強プロテインシェイカーの人気モデルを徹底レビュー

投稿日:

筋トレや運動後の栄養補給に欠かせないプロテインシェイカーは、色々な種類があってどれがいいか悩みますよね。

そんな方におすすめなのがブレンダーボトルです。

ブレンダーボトルはアメリカで老若男女問わず愛用者がいる人気商品で、国内でも注目されはじめています。

ブレンダーボトルは以下の方におすすめです。

  • プロテインをダマなく混ぜたい
  • お洒落なプロテインシェイカーが欲しい
  • 作ったプロテインを持ち運びしたい
  • 広口タイプより細口タイプが欲しい

ブレンダーボトルを購入し実際使用してみたので、レビューを交えて検証結果を紹介します。

ブレンダーボトルを公式で頼んだ!使用感を徹底レビュー

 

公式サイトより以下4種類のブレンダーボトルを購入し検証しました。

  • ブレンダーボトル クラシックV2(20オンス・FCオーシャン)
  • ブレンダーボトル クラシックV2(28オンス・FCプラム)
  • ブレンダーボトル プロ28(28オンス・プベルグレー)
  • ブレンダーボトル プロ45(45オンス・ホワイト)

注文後3日ほどで届きました。

実店舗ではなかなか取り扱いがなかったのでネットで購入しました。

箱を開封するとブレンダーボトルは各商品ビニールに梱包されていました。

各ブレンダーボトルの商品には、使い方に関するイラストと外国語で書かれたタグやシールがついています。

日本語の使い方は同封されていたカタログに記載されているので外国語がわからない方でも安心ですね。

注文した4種類のブレンダーボトルを紹介していきます。

以下で紹介する高さと幅は、蓋とキャップを閉めた状態で計測しています。


ブレンダーボトル クラシックV2(20オンス・FCオーシャン)は、高さ18cm×幅9cmほどでコロンとした見た目をしていますが600mLも入れられます。

ちなみに目盛りは400mLまで100mLきざみで書かれています。さわやかなブルーです。


ブレンダーボトル クラシックV2(28オンス・FCプラム)は、高さ22.5cm×幅9cmあるためスリムな見た目をしており、最大800mL入れられます。

目盛りは600mLまで100mLきざみで記されています。FCプラムの色は、ピンクとパープルを混ぜたような感じ。


ブレンダーボトル プロ28(28オンス・プベルグレー)は、先ほど紹介したブレンダーボトル クラシックV2(28オンス・FCプラム)と形状・サイズ・目盛りは一緒ですが、本体の素材に防臭効果が望めるトライタンが使用されています。

本体全体がスケルトンで中身がよく見えます。


ブレンダーボトル プロ45(45オンス・ホワイト)は、とても大きく麦茶ポットほどあります(高さ26cm×幅10cm)。

最大1,300mL入れられ目盛りは1,000mLまで100mLきざみで書かれています。

本体部分は太さがあるため女性で小さい手の方は、両手で持って飲んだ方がフィットするでしょう。

ブレンダーボトルの使い方を紹介!使い心地はどう?

購入した4つのブレンダーボトルに共通する使い心地は次の通りです。

  1. 飲み口や本体が蓋でしっかり閉まる
  2. 本体部分は手が入るのでスポンジで洗える(食洗機も可)
  3. ボトルを強く握っても変形しない
  4. 本体に滑り止めのくぼみがあり手にフィットする
  5. 色やデザインがシンプルでかっこいい

ブレンダーボトルは見た目もシンプルで使いやすいですが、機能性にとことんこだわったプロテインシェイカーです。

重量がない軽量タイプで持ち運びにもぴったりです。

ブレンダーボトルでプロテインを混ぜる基本の使い方から、応用の使い方まで紹介します。

ブレンダーボトルの使い方

ブレンダーボトルの使い方(基本編)

ブレンダーボトルの使い方は以下4ステップだけなので簡単にプロテインを作れます。

ブレンダーボトルを使う前は必ず中性洗剤で洗い、ぬるま湯ですすいで洗いましょう。ブレンダーボトルは食洗機でも洗えます。

  1. 牛乳や水などの液体を入れる
  2. 粉末のプロテインを入れる
  3. ブレンダーボールを入れる
  4. 蓋を密閉してシェイクする

粉末のプロテインより先に液体を入れる理由は混ざりやすくするためです。

ブレンダーボトル本体の蓋と飲み口のキャップの両方がパチッと音がなるまで密閉してください。

手首のスナップを聞かせてブレンダーボトルをシェイクします。

飲む度にブレンダーボトルをシェイクすると滑らかなプロテインを作れ、美味しくアミノ酸チャージできますよ。

ブレンダーボトルの使い方(応用編)

ブレンダーボトルは料理やお菓子作りにも応用でき以下の使い方があります。

  • メレンゲ
  • 生クリーム
  • ソース
  • ドレッシング
  • 溶き卵
  • パンケーキの生地

ホイッパーで混ぜるのは手が疲れますし、ハンドミキサーを出したり洗ったりするのは面倒ですよね。

そんな時にブレンダーボトルがあれば、ホイッパーやハンドミキサーがわりとなります。

素早く均一に食材を混ぜ合わすことができますよ。

ブレンダーボトルをおすすめする6つの理由

お洒落で使い方も簡単なブレンダーボトルについて、おすすめする6つの理由を紹介します。

おすすめの理由

密閉性が高くこぼれにくい

ブレンダーボトルは、飲み口のキャップと本体の蓋がきちんと閉まるため、水筒並みに密閉性が高いです。

ブレンダーボトルなら中身がこぼれる問題もなくカバンの中に入れて持ち運べます。

本体の蓋もしっかりと閉まるため、飲んでいる途中にプロテインが漏れて顔が濡れることもありません。

プロテインがダマにならない

ブレンダーボトルには、米国特許を取得したステンレス製のワイヤーでできたボール(ブレンダーボール)のパーツが付属されています。

付属のブレンダーボールでミキサーすれば、ダマのない滑らかなプロテインドリンクが作れます。

ブレンダーボールはバネの伸縮性が高いため細かな部分もスポンジで洗いやすく、本体の内底が丸みを帯びており、粉が残りにくい仕様となっています。

MRPのように粘度の高いプロテインでもブレンダーボトルならしっかり混ぜられます。

ちなみにブレンダーボールは腐食しにくく医療用メスにも使われている316ステンレス製が使用されています。

頑丈で匂いがつきにくい

ブレンダーボトルは本体とキャップはポリプロピレン製で、蓋はポリエチレン製でできています。

普通のプロテインシェイカーはプラスティックに見えない傷がつき、そこにタンパク質の匂いが残りやすく、すぐ買い替えとなるでしょう。

一方でブレンダーボトルは素材が傷つきにくいので長く使えます。

またBPSフリーといってカラダに有害なプラスティックを使用していないのもブレンダーボトルの特徴です。

FDA(アメリカ食品医薬局)の認可やヨーロッパの安全基準もクリアしています。

洗いやすいから衛生的に使える

ブレンダーボトルの本体部分は直径が大きく手を入れられるので、時間がない時でもスポンジで簡単に汚れを洗えます。

ブレンダーボトルの本体と蓋だけでゴムパッキンなどもついていないのでストレスなくお手入れできます。

ポリプロピレンは衝撃・熱・薬品に強いため、熱湯消毒や食洗機、漂白剤での洗浄も可能です。

飲み口の形がやさしく、こぼれない

ブレンダーボトルのキャップには「ステイオープンフリップキャップ」という名前がついており、飲みやすさにこだわりがあります。

キャップを開けた状態を固定できるので、邪魔されるものがなく飲んでいる時にプロテインがこぼれる問題もありません。

ブレンダーボトルはどの商品も飲み口が細口なので、コップ感覚で飲める広口と違い、少量ずつこぼさず飲みやすくジムなど外での使用にもおすすめです。

フックつきだから持ち運びやすい

ブレンダーボトルの蓋にはフックがついており、指で引っ掛けて持ち運びが可能です。

ジム内で移動する際も好きなタイミングでプロテインを飲めます。

ブレンダーボトルはフックに指をひっかければ片手で持てるので、スマホ操作や記録表を書く時にも便利です。

フックを使えば、ジム用のカバンに提げたりジムのロッカーキーにつけたりもできますね。

ブレンダーボトルの種類(ラインナップ)を紹介

国内で現在販売されている、あるいは2021年春以降に販売予定のブレンダーボトルを7種類紹介します。

ブレンダーボトルの種類

参照:expandjapan.co.jp

クラシックV2

ブレンダーボトルの「クラシックV2」は、従来の「クラシック」をモデルチェンジした製品です。

ブレンダーボトルの底面を丸くすることで攪拌力アップ。人口工学に基づいた細口の飲み口にフックを採用しています。クラシックV2はカラー展開も豊富!

■ブレンダーボトル「クラシックV2」のサイズ別カラー展開
・20オンス(600mL):CLブラック・FCブラック・FCエメラルド・FCオーシャン・FCペブル・FCプラム・FCレッド・FCホワイト※CL:クリア※FC:フルカラー
・28オンス(800mL):同上

■ブレンダーボトル「クラシックV2」はこんな方におすすめ!
・プロテインシェイカーの色にもこだわりたい方

プロスタック

ブレンダーボトルの「プロスタック」は、本体下にジャーがついており、粉末やサプリメントも一緒に持ち運ぶことができます。

ジャーには蓋がついているので、ブレンダーボトル本体とは別で単体使用も可能。ジャーにはフルーツやナッツを入れてもよいです。

■ブレンダーボトル「プロスタック」のカラー展開
・22オンス(650mL):ブラック、コーラル、シアン、ティール

■ブレンダーボトル「プロスタック」はこんな方におすすめ!
・プロテインドリンクのほかサプリや粉末も常飲されている方

プロシリーズ

ブレンダーボトルの「プロシリーズ」は、従来の人気モデルを元に作られています。

利便性にすぐれたフリップキャップ・防臭効果が望める容器・丸いフォルムの底面が特徴です。

■ブレンダーボトル「プロシリーズ」のサイズ別カラー展開
・24オンス(700mL):ブラック・プラム・レッド
・28オンス(800mL):ブラック・エメラルドグリーン・ペブルグレー
・32オンス(940mL):ブラック・シアン・エメラルドグリーン・レッド

■ブレンダーボトル「プロシリーズ」はこんな方におすすめ!
・プロテインシェイカーの匂いや衛生面が気になる方

プロ45

ブレンダーボトルの「プロ45」はシリーズでもっとも大きく、45オンス(1,300mL)も容量があり通常のブレンダーボトルより1.5倍も大きいです。

付属の12ゲージのブレンダーボールはワイヤーが強いためしっかりと攪拌でき、底面も丸く混ぜやすい仕様となっています。

容器全体はグレーでロゴの部分がカラー展開されています。

■ブレンダーボトル「プロ45」のカラー展開(ロゴ部分)
・45オンス(1,300mL):ブルー・グリーン・ピンク・レッド・ホワイト

■ブレンダーボトル「プロ45」はこんな方におすすめ!
・1日にたくさんのプロテインドリンクを飲む方

ストラーダ

2021年春に発売予定のブレンダーボトル「ストラーダ」は、ワンタッチで細口の飲み口を開閉でき、中身が液漏れしにくい設計となっています。

防臭性に優れた「Eastman(イーストマン)社」の「Tritan(トライタン)」素材を使用しています。

■ブレンダーボトル「ストラーダ」のカラー展開
・28オンス(600mL):ホワイト・レッド・ブルー・パープル・ブラック

■ブレンダーボトル「ストラーダ」はこんな方におすすめ!
・素早くキャップを開けてプロテインを飲みたい方
・プロテインシェイカーの衛生面が気になる方

ストラーダ ステンレス素材

ブレンダーボトルの「ストラーダ ステンレス素材」も、2021年春に発売予定の新商品です。

ワンタッチで開閉できる飲み口に液漏れにくい構造が特徴。ステンレス素材で最大24時間の保冷が可能で、容器内面が二重の真空断熱素材にすることで結露も防ぎます。

■ブレンダーボトル「ストラーダ ステンレス素材」のカラー展開
・24オンス(710mL):ホワイト・ブラック

■ブレンダーボトル「ストラーダ ステンレス素材」はこんな方におすすめ!
・いつでも冷たい状態でプロテインを飲みたい方
・プロテインを作るのは朝だけど、飲むタイミングが夜の方

ラディアン

ブレンダーボトルの「ラディアン」は、飲み口が中央部分にあるのが特徴です。

1/4回転でキャップを開閉できるため時間がない時でもスムーズに使え、キャップはフリップタイプでないため脱着可能。

ブレンダーボトルの底面が細いため車のカップホルダーなどにも置きやすいです。防臭に優れた「Tritan(トライタン)」素材を使用。

■ブレンダーボトル「ラディアン」のカラー展開
・32オンス(940mL):ブラック・シアン・ピンク・シー

■ブレンダーボトル「ラディアン」はこんな方におすすめ!
・移動の最中にササッとプロテインを補給したい方

プレンダーボトルに関するQ&A

プレンダーボトルについてよくある質問をまとめています。

よくある質問

Q.ブレンダーボトルは電子レンジに対応していますか?

A.いいえ、電子レンジ対応はしていません。

Q.ブレンダーボトルはあたたかい飲み物を入れられますか?

A.あたたかい飲み物を入れるのはおすすめしません。あたたかい物を入れるとブレンダーボトル内の圧力が上がり、ボトルをシェイクする際にキャップが開く恐れがあるからです。

しっかりとキャップを押さえてシェイクすることをおすすめします。

またあたたかい物を入れボトルをシェイクした後は、上から覗きこまずそっとキャップを開けるよう注意しましょう。

Q.ブレンダーボトルは保冷機能がありますか?

A.ブレンダーボトルで保冷機能があるのは「ストラーダ ステンレス素材」です。

Q.ブレンダーボトルの偽物と正規品の見分け方はありますか?

A.ブレンダーボトルの正規品は底面に、米国版公式サイトのURL(blenderbottle.com)が記載されていますのでチェックしてみてください。

正規品取り扱い店で購入するようにしましょう。

Q.ブレンダーボトルは特許を取得していますか?

A.はい、ブレンダーボトルと付属のブレンダーボールの製造技術は、メーカーの「Sundesa(サンデラ)社」が米国特許を取得しています。

ブレンダーボトルの米国特許番号

・ブレンダーボトル:D510,235
・ブレンダーボール:6,379,032

ブレンダーボトルは他の国での特許も取得予定です。

-アイテム

Copyright© SOLORE[ソロレ] , 2021 All Rights Reserved.