登山・山歩き

登山初心者もレインウェアがあれば雨の山歩きが快適になる!

更新日:

登山用の補助道具として初心者でも必須といえるのが雨具です。

しかし一口に雨具といっても様々ですよね。一般的には折りたたみ傘、雨合羽、ポンチョなどを思い浮かべる人も多いでしょう。

しかし実は、登山用として「レインウェア」という専用の雨具があるのです。今回はそんなレインウェアをテーマに取り上げます。

レインウェアは上下セパレートのものを

一般的な雨合羽というと、ワンピースのスタイルです。一見合理的ですが、歩きにくく動作が制限されてしまうのが難点です。

また、膝から下についてはカバーされていないものが大半であり、水たまりの泥跳ねなどには対応しきれません。

これに対し、レインウェアはジャケットとパンツでセパレートのものを用意し、上下別々に着用するのが基本です。その際ブランドや色などが違っても構いません。

雨合羽は雨を防ぐことが目的ですが、レインウェアは雨を防ぎつつ、さらに機動性も確保するという2つの目的をクリアすることが命題となっています。

行動時間の長い中上級者ともなると雨天時の登山も多々あるはずで、レインウェアの必要性はますます高くなってきます。

汎用の雨合羽とくらべてどうしても値は張りますが、相応の価値があるといえるでしょう。

防水だけではない「防水透湿性」

先の項では防水性と機動性というポイントを挙げました。しかし、登山は長時間行動することが前提です。

よって他の登山ウェアと同様に、レインウェアにおいても汗や蒸気を外に逃がす機能が必要不可欠です。

この理由としては、他のテーマでも繰り返し述べてきたように汗や蒸気が雨具の中にたまって衣類に張り付き、体温を奪ってしまうおそれがあるためです。

従って単に防水機能があるだけでは不完全なので、快適に行動するためには「防水透湿性」を備えたレインウェアを用意する必要があります。

なお、レインウェアの防水透湿性を最大限に活かすには中に着るウェアとの相性も必要です。

中のウェアが汗や蒸気を放出するタイプでない場合はレインウェアの効能も発揮されません。

吸汗速乾性に優れるものを選び、体の蒸気を外に放出できる態勢を整えましょう。

そこまで段取ってこそレインウェアの効能が活きてくるものであり、特に長時間の行動で実感できるでしょう。

天候によらず、レインウェアは常時携帯

山の天気は非常に移り変わりが早いため、付近の予報とは異なることもしばしばです。よって、天候や予報の良し悪しとは無関係にレインウェアを常時携帯するのがベストです。

なおレインウェアは悪天候に対応できるだけでなく、防風や防寒の目的でも利用可能です。レインウェアと名は付いていますが、出番は決して雨天時に限るものではないのです。この点も雨合羽との大きな違いといえるでしょう。

まとめ

レインウェアの特徴や用途について簡単にご紹介してきました。

登山ウェアについてある程度知識のある人ならお察しの通り、レインウェアの根底にあるコンセプトは快適な動作や歩行であり、また防水透湿性が高く長時間の使用に耐えうるということです。

また、中上級者の必要条件の1つは危機管理能力です。つまり、雨天を含む悪天候やアクシデントに対応する力があるかどうかということです。

「晴天時に問題なく行動できる」というだけでは初心者と大差ないといわれてしまいます。

旅慣れた人は思わしくない事態、起こりうる悪いシナリオといったものを必ず想定しています。

登山も同様で、危険察知や危機管理なくして安心感の高い山の旅はできません。

レインウェアはそういった課題に対して手軽に対処できる、極めて優秀なツールであるといえるでしょう。

-登山・山歩き
-

Copyright© SOLORE[ソロレ] , 2020 All Rights Reserved.