登山・山歩き

エマージェンシーグッズは登山初心者でも準備したい便利グッズのひとつ

更新日:

今回はエマージェンシーグッズをテーマに取り上げます。エマージェンシーグッズとはその名の通り、補助道具の中でも緊急時に役立つものを指します。

しかし、これだけでは今ひとつピンときませんよね。

そこで緊急時の事例やエマージェンシーグッズの例を挙げながら、順を追って説明していきます。

エマージェンシーグッズの必要性

日常生活圏であれば医療機関・交通機関とも発達していますし、通信手段も豊富です。

特にトラブルやアクシデントに備えていなくとも結構何とかなることが多いでしょう。実に便利な世の中です。しかし山中だとそうはいきません。

山中では日常生活のインフラや常識が通用しないと考えるべきです。しかも山中ではお金はほとんど価値がなく、貨幣経済が通用しません。

そして下界であれば何ということのない、ちょっとしたアクシデントが恐ろしいインパクトをもたらすのです。

遭難とまではいかなくとも、ケガでしばらく動けなくなったり、急激な天候の変化で登山を中断しなければならなくなったりという思わしくないケースは起こり得ます。このような場合は一旦その場に留まることを余儀なくされるでしょう。

救助を待つか、自分で動けるようになるまで休むか、いずれにしてもしばらくその場から動けなくなる状態が続きます。このような時に役に立つのがエマージェンシーグッズです。

レスキューキットでケガに備えよう

レスキューキットは応急手当用の道具セットです。ファーストエイドとも呼ばれており、ゲーム等でもお馴染みのアイテムです。

登山時のケガは転倒、滑落による切り傷・擦り傷、あるいは打撲・捻挫や骨折が主なものと予想できます。

切り傷・擦り傷の場合は消毒と止血が必要です。まずは消毒が必要なので、このような時のために小型のペットボトルに真水を入れて常備するのがよいでしょう。止血をする際には患部を直接触らないように、プラスチック手袋を着用して施術します。簡単なキズといえども侮るなかれ、不衛生や長時間の放置は感染症に発展する場合があります。

打撲・捻挫や骨折の場合は患部をガードもしくは固定する必要があるため、包帯やテーピングテープを巻いたり添え木を当てることになります。

自分で施術するとなれば不完全な場合もありますが、それでも応急手当をするとしないとでは下山後の症状が全く違う結果になってしまいます。応急手当は必ず行いましょう。

遭難や野営のケースも想定しよう

ケガに見舞われなくとも、天災や濃霧によって唐突に身動きが取れなくなる事態は起こり得ます。

このようにどれだけ登山に慣れていても避けられないアクシデントはありますし、またその確率や危険度は下界よりもはるかに高いと考えるべきです。

身動きが取れない状況で役立つものとしてはヘッドライト、ツェルト、ホイッスル、ライター、非常食が代表的でしょう。

電波が届くようであれば携帯電話が重宝しますし、救助要請をする際にはメモ用具を用意しておくべきでしょう。

まとめ

仮に不運にも遭難してしまった場合、レスキュー隊や救助が駆けつけるまでにはタイムラグが生じます。天候や状況によってはその日のうちに救助されない場合もあるでしょう。

つまり、応急手当をするにせよ野営をするにせよ、第三者による本格的な救済策や措置を確保するまでの間は、どうしても自分自身で身を護らなければならない時間や手立てが必要ということになります。

限りなくサバイバルに近い状況を強いられるのです。このような怖いシナリオをも想定するのが中上級者の条件であり、この際の拠り所となるのがエマージェンシーグッズといえるでしょう。

山中では確かに社会的なインフラからは遮断されますが、しかし文明の利器を持ち込むこと自体は可能です。

この意味でも、エマージェンシーグッズは正に転ばぬ先の杖として大いに役立つことでしょう。

-登山・山歩き
-

Copyright© SOLORE[ソロレ] , 2020 All Rights Reserved.