登山・山歩き

【登山ルール】初心者でも守りたい気持ちよく山歩きするためのマナー

更新日:

今回は登山時のマナーやルールをテーマに取り上げます。登山客が自分一人だけということはほとんどありません。

仮にそのような状況があったとしても、自分の所作により山の環境を乱してしまっては社会人としての品性に関わります。

しかし、登山の経験が浅い場合には気づきにくいマナーがあるのも事実です。

そこで、具体的な事例を挙げてご紹介していきます。

すれ違い時のマナー

登山道は必ずしも幅広とは限らず、満足にすれ違うことができないこともしばしばあります。この際、どちらかが道の端に立って相手に道を譲ることになります。

このような場合には「登り優先」という暗黙のルールがあります。

基本的に下りの人は既に山頂に到達し、目的を達成しているので後は帰るだけの状態であるのに対し、登りの人は山頂を目指して行動している真っ最中だから、という理由からです。

しかし、これも絶対の掟というわけではなく、下りの人が年配であったり、明らかに疲れが見えるような状況であるならば登りの側であっても道を譲るべきでしょう。

また団体客で通過に時間がかかるような場合も、登り下りを問わず他の人を優先するべきです。状況に応じて臨機応変に判断しましょう。

なお、道を譲る場合は山側に立ちましょう。もしもすれ違いの際にトレッキングポールやザックが触れてしまった場合、危険なのは譲った側の方です。

直立不動に近い姿勢で何らかの力を受けるとバランスを崩す可能性が高いからです。

そこで谷側に立った場合、バランスを崩すと滑落や転落につながり、せっかくの親切心が身を滅ぼす結果になってしまいます。

以上を踏まえ、すれ違いの際に道を譲る場合は必ず山側の端を選びましょう。

乗車時に一本道をすれ違う時と同様、周辺にはすれ違いに適した広いスペースがあるはずです。最適なポイントをいち早く見つけ、ストレスのないすれ違いを行いましょう。

なお、道を譲られた場合には「ありがとうございます」の挨拶を忘れずに。

複数のメンバーで登山する場合のルール


数名のチーム、もしくは団体で行動するとなると、どうしても速度やペースの面で個人差が生じます。

それは人数が多ければ多いほど顕著でしょう。体力のない人であれば休憩もたびたび必要です。

この際の注意点は一番スピードの遅い人、もしくは体力のない人のペースに合わせるということです。

一度隔たりが生じてしまうとその差は一方的に広がり続け、遭難やトラブルの大きな原因になってしまいます。

よって、全体としてメンバー間の差を生じさせないということがポイントになります。間違っても「先に行くよ」「後で追いつくからさ」などと、軽い気持ちで別行動を促してはいけません。

登山のエチケットあれこれ

登山時に出たゴミは持ち帰り、帰宅後に自分で責任を持って処分しましょう。

ゴミ箱が設置されている箇所はごく限られており、山間部ゆえにそれらも簡単には収集されません。

また、トイレの使用にも注意が必要です。山間部ではトイレの設備自体が貴重なため、維持費として料金を徴収されることが多いほか、「トイレットペーパーは水に流さずゴミ箱に入れる」といったように、それぞれの地域のルールに従う必要があります。

最後に、自然を傷つけてはいけないという環境保全のエチケットがあります。

湿原と同様に、登山道を外れて植物を踏みつけてしまうと復元までに膨大な時間を要する場合があります。

同様に、写真撮影の際に柔らかい道の上で三脚を立てるのも厳禁です。

まとめ

バイクの世界では、山間部などでツーリング途中のライダーと対向車線をすれ違う際には片手を挙げたり、ハンドサインを交わして互いの旅の無事を願うという文化があります。

一期一会どころか素性も知らない者同士が一瞬すれ違うだけで、何か物質的なやり取りがあるわけでもありません。それでも、非常に健全で人間的な文化であることは間違いないでしょう。

山という財産を登山者で共有するという感覚は、バイクのツーリングにおけるライダー同士が共有する暗黙のマナーに近いものがあるはずです。

そこには日本人の美徳というべき、思いやりの精神性が根付いています。広い心を持って、是非登山のマナーやエチケットを継承していきましょう。

-登山・山歩き
-

Copyright© SOLORE[ソロレ] , 2020 All Rights Reserved.