登山・山歩き

登山での思わぬトラブル?!初心者が知っておきたい対処法

更新日:

登山では思わぬトラブルがつきものです。エマージェンシーグッズの記事でも少し触れた通り、山中では日常生活のインフラや常識が通用しません。

ちょっとしたアクシデントが恐ろしいインパクトをもたらすのです。

しかし、過去の事例を踏まえて傾向を掴み、対策を立てることは可能です。

対策まで準備できれば、これも立派なインテリジェンスです。

そこで今回は、代表的なアクシデントの事例をピックアップしていきましょう。

ケガの具体例

長時間の行動を伴う登山では、ケガや体調不良はしばしば起こります。

いずれの場合も応急処置として治療や薬を服用し、一旦休みましょう。その上で下山が必要か否かを判断するとよいでしょう。

出血

山中でのケガは屋内にいる時のケガとは異なり、患部に泥や汚れが付いている場合がほとんどです。

患部を洗って消毒するためにも、ペットボトルに真水を入れておき常備しましょう。消毒まで済んだら滅菌ガーゼを当て、包帯や絆創膏で傷口を止血します。

捻挫

冷却・固定が原則です。その後は動かさないようにします。まずは患部を水などで冷やし、テーピングテープや包帯で固定します。

登山靴を履いている場合は、脱がずにテーピングするか、三角巾で固定してもよいでしょう。

歩行が困難な場合は骨折のおそれがあるため、救助要請を出しましょう。

足のつり

水分や塩分の不足、もしくはウォームアップが不十分だった場合に起こるのが足のつりです。

このような場合は焦らずに一旦休憩して水分や塩分を補給しましょう。経口補水液、スポーツドリンクが有効です。

一休みしたら患部をマッサージし、ストレッチまで終えたら歩行テストをしてみましょう。

しばらく周辺を歩いてみて、問題なく行動できるようであれば登山を再開してもよいでしょう。

虫さされ

蚊は人間にとって、生物による被害の死因トップに挙げられるほどの大変な脅威です。その理由は感染症を媒介するからです。

これを踏まえ、刺されてからかゆみ止めを塗るという対症療法よりも、事前に虫よけスプレーを塗布する予防で対策しましょう。

なお、蚊は汗や体温に反応しやすいといわれているので肌の露出は控える方がよいでしょう。

蚊の次に怖いのが蜂で、特にスズメバチが脅威です。蜂は黒い色に反応する傾向があるため、黒ずくめの衣服は避けるほうが望ましいでしょう。

もしも蜂に刺されてしまった場合は、まずはその場から離れてポイズンリムーバーで毒を吸い出します。

昔の漫画などではワイルドな男性が患部に自分の口を当てがい、毒を吸い出すシーンが見られますが、こちらも感染症を引き起こす場合があるためNGです。

体調不良の具体例

続いて体調不良の事例を取り上げます。

風邪、発熱、腹痛、嘔吐など

体温の管理や衣服による温度調節に失敗すると、風邪や発熱につながるおそれがあります。

また体調が良い時でも、入山前に済ませた食事の食べ合わせが後になって影響してくる場合もあります。

このような時に役立つのが常備薬です。休憩を兼ねて症状に合った薬を服用しましょう。症状が酷い場合は迷わず下山しましょう。

熱中症

夏場で最も気をつけるべきなのが熱中症です。

対策面から考えても、熱中症というよりも脱水症状という方がピンときやすいでしょう。

体内の水分不足により体温調節ができなくなるというもので、脈拍の乱れ、頭痛やめまい、吐き気といった広範囲の影響があります。

原因がわかりやすい分、対策は明快で予防のためにはこまめな水分補給が肝心です。発症してしまった場合も、同様に十分な水分と休憩で対応しましょう。

高山病

標高2,500m級の山ともなると山頂付近の環境は過酷で、地上と比べて気圧は低く、空気も薄いことがわかっています。

特に登山に不慣れな場合は環境の変化に体が追いつかず、高山病を発症することがあります。

高山病の症状としては頭痛、吐き気、めまいなどが挙げられます。水分を補給し、体に十分な酸素を取り入れましょう。

呼吸法によって回復する例もありますが、最近では酸素スプレー、酸素缶といった携帯型の酸素吸入用具が普及しています。

有事に備えてザックに入れておくほうがよいでしょう。

道迷いと下山遅れの怖さ

道迷いは遭難の原因No.1といわれる恐ろしいトラブルです。「迷子なんて、子供じゃあるまいし」などと侮ってはいけません。

特に分岐のある道は要注意です。登山中に不安を感じる時は来た道を引き返し、間違いなく地図と合致していることを確認できる地点まで戻りましょう。絶対に過信してはいけません。

なお、往路と復路で見える風景は同じとは限りません。体の向き、視点、さらに時間の経過によって周囲の明るさも異なります。

特に登頂後の帰り道はどうしても気が抜けがちで、思わぬ油断を招くことがあります。

分岐の標識を見落とすこともあるでしょう。このような事態を避けるためにも、順路に沿って歩く際には標識だけでなく、行き帰りの際に確認できる目印を探しておくとよいでしょう。

また、下山遅れも恐ろしいトラブルです。晴天であっても周囲は真っ暗になります。

この状況下ではつまづき、転倒、滑落、転落のリスクが一気に跳ね上がります。悪天候だとそのプレッシャーと恐怖は倍増するでしょう。

そのまま進み続けるにはヘッドライトが必須ですが、行動が困難な場合は早めに下山を一旦中断し、ツェルトを被って夜明けまで待つという選択肢を考える方が現実的かもしれません。

トラブル時に頼れる味方ツェルト

ケガ、体調不良、道迷いや下山遅れなどのトラブルにより身動きが取れなくなったり、山中で夜を明かす必要が出てきた場合に役立つのがツェルトです。

寒さや風をしのげるので休憩用としても重宝します。

ツェルトはテントほど重量もなく、また価格帯も安いので普及が進んでいます。特に単独行動する場合は用意しておいて損はないでしょう。

まとめ

一口に「アクシデントに気をつける、用心する」とはいっても、具体的にどのようなことに注意すればよいかというとイメージしにくいものです。特に初心者のうちは難しいでしょう。

そこで今回は、過去の事例に基づいてアクシデントの具体例と簡単な対策を列挙してみました。

登山の危機管理に活用してください。

-登山・山歩き
-

Copyright© SOLORE[ソロレ] , 2020 All Rights Reserved.