登山・山歩き

登山用トレッキングパンツでおすすめは?選ぶときのポイント7つをプロが徹底解説

更新日:

登山に使えるパンツとして定番なのが、運動性があり、登山に必要な機能を備えている「トレッキングパンツ」です。

「登山用パンツには何がいいの?」と悩んでいる方は、まずトレッキングパンツを用意しましょう。

こちらの記事では、トレッキングパンツの役割と選び方のポイントを確認してから、おすすめのトレッキングパンツをご紹介します。

コスパの良い製品もあわせてご紹介するので、選ぶ際の参考にしてください。

トレッキングパンツの機能性とは?

トレッキングパンツとは、アウトドア用・登山用パンツとしての機能性を多く兼ね備えているパンツです。

例えば、脚を上げやすいようにストレッチ性に優れていたり、撥水性があったり、保温性が高かったり…と、通常のズボンよりも圧倒的に高い機能性を誇ります。

トレッキングパンツを選ぶときの7つのポイント

それではトレッキングパンツを選ぶときは、どのようなポイントに注意しながら選ぶべきでしょうか。

特に重視するべき7つのポイントについて解説します。

重視するポイント

ストレッチ性があり動きやすい

登山行動中に動きを妨げないように、ストレッチ性があり動きやすいトレッキングパンツを選ぶことが基本です。

ストレッチ素材は一方向に伸縮性があるものと、二方向に伸縮性のあるものが存在します。

二方向のストレッチ素材の方が動きやすいですが、立体裁断されているものもとても動きやすくおすすめです。

撥水性・速乾性が高い

撥水性があると水分や汚れを弾いてくれるため、少量の雨であればレインウェアなしで登山が行なえます。

また、足元が濡れているところを歩くときにも便利です。

雨や汗がついてもすぐに乾く速乾性の高さも備えていると、肌の上が常に快適で、体が冷える心配もありません。

透湿性・保温性・防風性がある

どの機能が重視されるかは季節によっても変化しますが、その人の体質によっても選ぶべき機能は変わります。

例えば、汗をかきやすいタイプであれば透湿性を重視するべきですし、体が冷えやすい人や体温の低いひとであれば、保温性や防風性を重視するべきです。

あなた自身の体質を見極めておきましょう。

耐久性があり軽量である

登山行動中は下半身の動きが大きく、岩や枝などに擦れることも多いため、耐久性が高いことも欠かせません。

特に膝・お尻・裾の部分は擦れやすいため、これらの部分が補強されていれば長く使える可能性が高まります。

ただし、耐久性が高くても重量があれば動きにくなるため、軽量さも両立させたパンツがベストです。

UVカット機能がついているとなお良い

春・夏の登山では紫外線対策も必要です。UVカット機能がついていれば、日焼けして肌が真っ赤に腫れ上がってしまうことを防げます。

また、紫外線が弱いイメージのある冬でも、雪が積もっていれば要注意です。

雪は紫外線反射率が高いため、雪山に登るときにもUVカット機能付きのトレッキングパンツをおすすめします。

裾の長さがあっている

トレッキングパンツで裾の長さは大変重要となります。

裾が長すぎれば行動中に引っ掛けて転倒する危険性が高まり、短すぎれば怪我の危険性が高まるためです。

実際に履いてみてギリギリ床につかず、登山靴に少しかぶる程度をおすすめします。

長すぎた場合は登山ウェアのメーカーで裾上げをしてもらうことも可能です。

洗濯機を使って自宅で洗える

登山後のことを考えると、洗濯機を使って自宅で洗えるトレッキングパンツはとても便利です。

選ぶときにはタグまで確認し、自宅での洗濯に耐えうるかどうか確認しておきましょう。

基本的に洗濯機で洗えるトレッキングパンツであれば、クリーニングに出す必要はありません。

トレッキングパンツは季節にあわせて選ぼう

トレッキングパンツは季節にあわせて選ぶようにしてください。

こちらでは、夏用、冬用、春・秋用の3つの季節で選び方のポイントを解説します。

季節ごとの選び方

【夏用】通気性と透湿性の良さを重視

夏用のトレッキングパンツ選びでは、通気性の高さがポイントとなります。

通気性の良い薄手の生地で作られているものを選ぶべきです。また、年間を通して最も汗をかく季節なので、透湿性に優れている必要もあります。

上半身は重ね着で調整することができますが、重ね着をしない下半身ではトレッキングパンツの機能性によって登山の快適さが変わってきます。

汗が肌の上に残って不快感がある、汗冷えするという事態に陥らないように、通気性と透湿性の高さを確認しておくことが大切です。

【冬用】防寒性の高さと撥水性の良さがカギ

冬用のトレッキングパンツに求められるのは、保温性と防風性が高く、防寒に役立つことです。

厚手の生地で作られたものを選んでください。保温性が高くても防風性がなければ、冷たい風が通って体が冷えてしまうため、防寒性能を高めるためには両方の機能が必要です。

また、雪や冷たい雨を防ぐために、撥水性の良さもカギとなります。雪山に登るという場合は、撥水性のあるトレッキングパンツが欠かせません。

【春・秋用】適度な保温性と動きやすさを両立したものを

春用と秋用のトレッキングパンツは、夏用と冬用の中間部分に位置します。

春・秋の朝晩の冷え込み対策として保温性も必要ですが、行動を妨げない動きやすさも兼ね備えていることも必要です。

保温性は大切ですが、春・秋用のトレッキングパンツで厚手の生地を選んでしまうと、汗をかきすぎて、反対に体が冷えてしまうケースもあります。

春・秋用のトレッキングパンツでは、中厚手の生地を使ったものを選びましょう。

ショートパンツを履くなら機能性タイツを忘れずに!

季節ごとのトレッキングパンツの選び方を解説しましたが、夏用には「ショートパンツ」という選択肢もあります。

通気性の良さが重視される夏用パンツでは、ショートパンツは最も理想的だと思われがちです。

しかし、ショートパンツを履くなら、機能性タイツを重ねて履くことを忘れないでください。ショートパンツだけで登山をすると、紫外線を防ぐことができません。

また、虫刺されや山蛭の吸血被害に遭う可能性、怪我の危険性も高まります。

脚の疲労軽減、筋肉や関節をサポートなど、機能性タイツの効果も得ることができるためおすすめです。

機能的でおしゃれ!おすすめのモンベルトレッキングパンツ

実際にトレッキングパンツを選びたいという方のために、モンベルのおすすめ製品をご紹介します。

モンベル製品は高い機能性を誇り、洗濯機で洗え、見た目がおしゃれなことが特徴です。

モンベルおすすめ

【夏用】おすすめのトレッキングパンツ

【メンズ】リッジラインパンツ

リッジラインパンツは二方向にストレッチ性があり、登山行動中の下半身の動きを邪魔することがありません。

さらに、薄手の生地を使用しているため軽量で、平均重量は288gです。スッキリとしたスリムなシルエットに反して動きやすくなっています。

サイズは13種類展開されていて、裾の長さにも配慮されているところが特徴です。

レギュラーよりも6cm短いショート、6cm長いロングが用意されており、体型やお好みに合わせて最適なサイズを選べます。

【レディース】ストレッチO.D.ショーツ

ストレッチ性のある素材を使用したショートパンツです。

平均重量は156gという軽さで、動きやすさに関しては抜群の機能性を誇ります。

薄手の生地に超耐久撥水加工が施されており、トレッキングパンツとして理想的です。

ダークネイビー、ガンメタル、ハーベストゴールド、ローズワインと系統の違うカラーが4色用意されており、機能性タイツとのコーデもさまざまに楽しめます。

おしゃれに登山したい女性にピッタリのパンツです。

【キッズ】コンバーチブルパンツ

膝の部分にジッパーがついていて、ショート丈・ロング丈の両方の使い方ができるトレッキングパンツです。

周囲の環境や気温によって使い分けられるので、登山中の水遊びにも対応できます。

薄手の生地を使っていて通気性が良く、作務衣のように足首で裾を絞ることができ、裾を踏んでしまう危険性もありません。

ストレッチ素材を使用していて動きやすく、ご自宅の洗濯機で洗えます。

【冬用】おすすめのトレッキングパンツ

【メンズ】ロッシュパンツ

メンズとしてご紹介しますが、男女兼用で使用可能なトレッキングパンツです。

ストレッチ性・防風性・保温性・撥水性・速乾性・防水性があり、登山用トレッキングパンツとして必要な性能を全て兼ね備えています。

さらに膝とお尻の部分は生地が二重になっており、裾部分はエッジガードで補強しているため耐久性に関しても問題がありません。膝の部分は立体裁断になっており、ストレッチによって感じられる以上の動きやすさを確保しています。

【レディース】ノマドパンツ

「クリマプロ200」という素材を使用した、厚手のトレッキングパンツです。ストレートで適度にフィットするラインで、どのような登山ウェアにもしっくりと馴染みます。

クリマプロ200は生地の裏と表で特徴が異なっているため、ストレッチ性・撥水性・防風性・保温性と4つもの働きを備えた高機能性素材として人気を集めています。

裏起毛になっており、履き心地が柔らかく快適なところも魅力です。

【キッズ】サーマラップ パンツ

「エクセロフト」という高い保温性を持つ素材を使用したトレッキングパンツで、防風性にも優れています。

エクセロフトは異なる特徴の繊維を組み合わせることによって、暖かな空気を中に溜め込み体温を逃しません。

また、濡れた状態でも保温性はキープされるため、汗冷えの心配もなく安心です、

厚手ですが平均重量137gと軽量なので、バッグの中に入れても気になりません。

表面と裏面の両方を使えるリバーシブルで、2パターンで楽しめるなど随所に工夫が施されています。

【春・秋用】おすすめのトレッキングパンツ

【メンズ】ライトトレッキングパンツ

一年を通して使える中厚手のパンツで、ハリとコシがあり、軽快な動きやすさが感じられるところが特徴です。

もちろんストレッチ性や超耐久撥水加工が施されており、登山ウェアとしての機能性を十分に果たします。

展開しているサイズの幅は非常に広く、XSからXL-Lまで全15種類のサイズから選べます。

また、ウエストを最大6cm調整できるベルクロとギャザーを配置したことによって、どのような体型の方でもピッタリのサイズを見つけられるようになっています。

【レディース】マウンテン トレーナーパンツ

マウンテントレーナーパンツの優れているところは、二方向へのストレッチがあることです。

さらに、膝の部分は立体裁断となっているため、動きやすさに関しては、モンベルのトレッキングパンツでNo.1と言っても過言ではありません。

中圧での生地を使っているため幅広い季節で着用することができ、撥水加工で雪や雨による汚れも防ぎます。

ネイビー、バイオレットの2カラーに加え、発色の良いピーコックブルーが選べるところも女性用として嬉しいポイントです。

【キッズ】マウンテンジャージパンツ

このトレッキングパンツの最大の特徴は、「ウィックロンZEO」という素材を採用していることです。

ウィックロンZEOは通気性と吸水速乾性に優れており、さらに暖かな空気を生地の中に溜め込むことで保温性も兼ね備えています。

通気性・吸水速乾性・保温性・防臭性の全ての機能を持つトレッキングパンツなので、汎用性が高いことがメリットです。

UVカット機能によって、紫外線を90%以上カットする効果も見逃せません。

安いトレッキングパンツを買えるブランドは?

登山用に使えるトレッキングパンツを安い価格で買えるブランドはあるのでしょうか。

こちらでは、ユニクロ・ワークマン・しまむらの3つのブランドをピックアップして、登山に使えそうなパンツをご紹介します。

登山に使えるブランド

ユニクロ

ユニクロでは夏の登山で使える「EXYアンクルパンツ」がおすすめです。

軽量で速乾性があり、ストレッチによって動きやすいパンツです。撥水性はありませんが、夏場のハイキングや低山登山なら十分に対応できます。

撥水性を兼ね備えた「ブロックテックパンツ」は現時点では販売終了となっているようです。

夏登山ならユニクロ

夏登山の服装はユニクロ?!低山日帰りに最適な理由とおすすめアイテム

初めて登山をする人は「何を着ていけばいいのだろう?」「これでは暑すぎる?寒すぎる?」と服装で迷いますよね。 山の環境は平地と違って厳しいですが、最初にすべての登山ウェアを揃えるのは確かに大変です。 そ ...

ワークマン

ワークマンでは「エアロストレッチ クライミングパンツ」というアウトドアウェアが販売されています。

二方向に対してストレッチ性があり、股にはクライミングカットが施されているため、脚を広げても生地の突っ張りを感じる事はありません。

吸汗速乾性で紫外線も90%以上カットし、リーズナブルでコスパも抜群です。

しまむら

しまむらでは、以前は「レディース ストレッチパンツ」「メンズ ハーフパンツ」などが取り扱われていましたが、現在では販売終了となっているようです。

現時点でのしまむらのパンツは、ジーンズやワイドパンツなどが大半を占めており、残念ながら登山ウェアとして使えそうなものはありません。

まとめ

重ね着をする上半身と違い、下半身はアンダーウェアとトレッキングパンツだけで登山に必要な機能を揃えなければなりません。そのため、トレッキングパンツは機能性を重視して選びたいものです。

撥水性・耐久性・透湿性・保温性・防風性…と、トレッキングパンツにはさまざまな機能が求められます。

こちらでご紹介したモンベルをはじめ、コロンビアなどでも機能性の高いパンツがたくさん揃っています。

モンベルであれば機能性に不足はありませんが、さまざまなメーカーで機能性を比較してから選びましょう。

-登山・山歩き

Copyright© SOLORE[ソロレ] , 2020 All Rights Reserved.