登山・山歩き

ヘトヘトになって帰途につく?!山歩きを満喫するためのカギは「情報収集」にある

更新日:

登山、キャンプ、眺望と山を楽しむ方法は様々ですが、これらを存分に満喫するには事前の情報収集が欠かせません。

事前情報の有無によってプランが全く変わってしまうこともしばしばです。

そこで今回は、山歩きを満喫するための情報収集についてまとめてみました。

情報収集で最適なプランニングを

冬に箱根駒ヶ岳と大涌谷に行ったときのことです。

当初のプランでは駒ヶ岳山頂までロープウェイで行き、そこから大涌谷へと縦走登山する予定でしたが、いざ現地入りしたところ強風によりロープウェイが運休になっていました。

やむを得ず、駒ヶ岳山麓の登山口から徒歩で山頂を目指すことに。

無事山頂には着いたものの、今度は山頂から大涌谷に向かう道に積雪があることが発覚…雪の積もった斜面は初心者の私にとって恐怖との戦いです。正に一難去ってまた一難でした。

結果ヘトヘトになって帰途につきましたが、そもそも出発の事前に天気予報をチェックしていれば、当日強風に見舞われることや進路に積雪があることも十分予測可能だったはずです。

私にとって大きな教訓となったこの事例からも、山を満喫できるかどうかは情報収集によって大きく左右されるといえるでしょう。

これを踏まえターゲットの山が決まったら、当日に備えて入念に情報収集を始めましょう。たかがレジャーと侮るなかれ、スポーツの試合と同様に、山を満喫するためには事前の情報が欠かせないのです。

登山道に関する情報

登山道の特徴や危険ポイントについては、ガイドブックや登山地図などで確認が可能です。

特にガイドブックは、コースタイムや難易度についても網羅しているでしょう。

崩落や積雪の有無など、登山道のコンディションや環境に関する最新情報は市町村のサイトやビジターセンター、もしくは登山道の管理者が運営するサイト等で確認が可能です。

また愛好家がWebで自主発信している情報もありますが、発信者の所感による要素が含まれるため信頼性については個人差があります。

特に難易度などの危険に関わる情報については注意が必要で、あくまで参考程度に留めておくのが良いでしょう。

交通アクセスや規制に関する情報


電車やバスの時刻表をチェックしておきましょう。特に山岳路線バスは本数が限られるため、行きだけでなく帰りの便もチェックが必要です。

またバス路線は季節運行などにより便数が減る場合がありますので、公式サイトで最新の時刻表をチェックしましょう。

マイカーを利用する場合は、駐車場の数と場所、収容台数と料金の有無を確認しましょう。

特に登山道から最寄りの駐車場は満車になる可能性があるため、選択肢として第2・第3候補を用意しておきましょう。

なお繁忙期にはマイカー規制を行なっている山もありますので、やはり事前の情報収集が必要です。

天候・災害に関する情報

アクシデントを避けるため、山周辺の天気予報や災害情報を確認しましょう。

山や山岳地域に特化した予報サービスもあるので活用すると良いでしょう。

山の天候や環境に関する情報はプランに大きく関わるため、出発の直前だけでなく数日前から念入りにチェックしておくことがポイントです。

下山後のレジャーに関する情報

下山後のレジャーも大事な楽しみの1つです。

温泉、グルメ、町歩きなど、せっかくの旅ですから山以外のレジャーも楽しみたいですよね。

しかし下山が深夜になってしまっては台無しです。各スポットの営業時間や場所を事前に把握し、下山後もスムーズにレジャーを楽しめるよう計画的にプランを立てましょう。

まとめ

一口に情報収集といっても、プランと関係のない情報は不要です。立てたプランに沿って最適な情報を効率的に収集することが山を満喫するための大きなポイントといえるでしょう。

実は、山を楽しむという行為はプランを立てる段階から既にスタートしているのです。

最初は面倒ですが、慣れてくるとプランを立てて有益な情報収集をしていくこと自体が楽しみのひとつになるもので、そうなればしめたものです。

-登山・山歩き
-,

Copyright© SOLORE[ソロレ] , 2020 All Rights Reserved.