登山・山歩き

【登山計画】出会いもある?!初心者が安全に楽しむためのプランニングの考え方

更新日:

登山自体が初めての方や山の頂を目指そうとする方にとって大事なのは「登山をいかに安全に登るか」その為の準備をしないと始まりません。

  • どのような道を辿れば迷わなくていいか
  • 上るための体力配分について

などスポーツをされている方にとっては、安全に登山するための準備とはどのような物か大体察していただけるでしょう。

ここでは、安全に登山ができる準備のポイントをご紹介いたします。

自分の体力に合った山を探そう

山に登りに来る登山客はただ漠然的に登山するのではなく、各々登山する本当に目的がある物です。

  • 鳥のさえずりが聞きたい
  • 歩きながら心を休めたい

もし、あなたが山に行こうと思うならどのような目的で山に行こうと思うのでしょう。

登山についての情報や登りたい山の情報は今の時代、インターネットで手に入ります。登山に特化した雑誌もあり、季節に合った山選びも重要なポイントでしょう。

しかし一番大事なのは自分自身で山を登る事を想定し、自分の体力を眼中に入れる事は忘れないようにしましょう。

様々な情報を収集して行くうちに「あの絶景を見るため頂に上りたい」と思いながらこれから目指す山に愛着が湧いてくれば趣味として登山を始められます。

山での出会いもある?!気分転換に出かけよう


登山道を歩いてみると親子や友達同士や恋人同士登山に興味持つ者同士が歩く光景が見えます中にはグループが2列になって歩く場面もあります。

特に初めて登る場合は事前に一緒に上る友人や知り合いを募っておくのもいいでしょう。

出会いは登山道でもあり、一人で登る場合「この山は初めてなので一緒に登りませんか?」と声を掛ける事で自然にきずなが芽生える時もあるのです。

話をして行くと「山登りはしたいと思っていたんですがそのきっかけがなくて・・」と考えてる人もいると思います。

「山を登る」という志を持つ人が集う登山道、話しかけることで新たな出会いを見つけるのも登山の醍醐味の一つでしょう。

登山を始める季節はいつがいい?

登山には体にダメージを与えない時期から始めるとよいでしょう。

桜が咲き、新緑が萌える春の季節や紅葉が赤くなる秋の季節がお勧めです。低い山では真夏は汗と同時に持続力を失わせ登山の楽しみを感じるには適しません。

また冬では雪道に苦戦を強いられ登山上級者でもそのような時期に上るのはごくわずかです。

高い山の場合、涼しい為夏は登山しやすいですが、涼しいが故に雪自体が完全に溶けきれない状態も考えられるので雪道にはアイゼンを用います。

転倒する事も考えヘルメットを装着することもお勧めしますが、登山初心者には不向きな環境なのかもしれません。

登山の楽しみは季節の折々の風情を楽しむ事も一つの考えだろうと思われます。

どのように登っていくかは登山する前に考えておく

登山で有名な山には様々な登山道があり、その中には昔から使われてきた通路もあります。

  • 何時間で登れる山なのか
  • 難易度に伴った体力や経験値があるのか

その点も留意する事で安全かつ楽しい登山ができるのです。

登山を楽しむ為には小さな目標を掲げるといいでしょう。例えば「高山植物を見に行く」そのような小さなものでもかまいません。

高尾山の場合は登山の疲れを最小限にするケーブルカーやリフトがあり、登山が好きでも体力的自信がない人にはうれしい設備です。

高尾山で有名な登山道として京王線の高尾山口から景信山、陣馬山へつながるコースこのコースは高尾山口駅へのアクセスがいい人気コースです。

また、小さなお子さん連れや高齢者の登山客にはケーブルカーを使って1号路と6号路をお楽しみください。桜の花が彩る季節になれば城山コースで自然を満喫できます。

まとめ


これから登山をされる方にとって大事なポイントを支えました。登山に対する興味を持ち方、現在の体力を熟知したうえでの登山する山選びをすることが望ましいでしょう。

また無駄な体力を使わない季節を選ぶことも大事な点です。登山は全年齢に愛されるスポーツ。これから登山をしようと思われる方は是非参考にしてください。

-登山・山歩き
-, ,

Copyright© SOLORE[ソロレ] , 2020 All Rights Reserved.